マルチメディアデーターベースの商品の支払い方法

インターネット上のサービスに電子書籍、音楽配信、ビデオ配信、ゲーム配信などの有料コンテンツダウンロードサービスがありますこうしたコンテンツ会社は自社のマルチメディアデータベースにて管理が行われているので、ここからデジタルデータのコピーを販売します。

デジタルコンテンツの特徴としては、データのコピーを販売するので在庫を持たないメリットがあり、顧客情報もパソコンやスマートフォン、ゲーム機等の記録装置に保存されます。これによってインターネットに接続出来る場所であれば、すぐに購入することが可能で、わざわざ店舗に向かわなくてもいいメリットがあります。

決算方法としてはクレジットカード、電子マネーなどが主流であり、インターネットを通して支払いを行うのでセキュリティ面での危険性が潜んでいます。電子マネーの場合にはコンビニなどで販売されているウェブマネーやビットキャッシュなどのプリペイドカードを購入することで、インターネットで利用できる電子通貨を手に入れることが出来ます。

事前に現金を電子通貨に替えていることから情報を盗まれた場合でもリスクを軽減することが可能であり、特別な申し込みなどもないことから、子供でも利用できます。

クレジットカードの場合には利用金額が後から支払うことになる性質上、不正利用が行われた際には多額の損害を受ける場合があります。その為、クレジットカードをパソコンやスマートフォンで利用する場合にはセキュリティソフトでコンピュータウイルスの侵入を防ぐ必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ