小切手や手形で決済利用する要求払い預金口座

要求払い預金口座とは当座預金の事であり、個人事業者、法人が小切手や手形で決済を行う際に利用する口座になります。当座預金は法令により無利子であり、通帳が無いので毎月銀行から計算書が送られてくる形をとり、これで利用額の把握を行う事になります。

現金を所有していない場合でも小切手や手形を使って決済を行う事が出来るので、個人よりも企業など大きな組織で業務上の支払いを行う場合に利用されます。
当座預金の残高が不足してしまうと決済が行う事が出来なくなってしまうので、銀行からの不信用を買うことになります。

2回の不渡りを出してしまうと全国の銀行との取引停止されてしまい、企業経営が困難になるデメリットがあります。当座貸越契約を行っていれば、不足分を借金と言う形で補うことが可能なので、不渡りを避けることが可能です。申し込む場合には金融機関の審査が行われ、審査をクリアすることでサービスを利用することが可能になります。

審査内容としても会社の実態や過去の預金取引の実績、金融事故の有無、事業内容、状況、会社決済などの会社に纏わるものが対象です。口座開設後は小切手の利用は即可能になりますが、手形についてはある程度の信用実績が必要となるので、ここで信用を勝ち取るしかありません。

バブル崩壊後は一般企業向けに新設することが難しくなっており、バブル時に不良債権の温床になっていたことから金融機関の審査がより一層厳しく行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ