クレジットカードを再発行するわけと不正利用

クレジットカードの紛失、盗難に遭遇した場合に再発行が行われます。これにより紛失、盗難されたカードの機能は停止され、新しく発行されることで利用者は継続してサービスを受けることが出来ます。

再発行を行う手順としては、クレジットカード会社に連絡を行う事で紛失、盗難されたクレジットカードを不正利用から守るために機能停止の申し込みを行わないといけません。そして、新しいカードが郵送される仕組みになります。

再発行に関しては、クレジットカード会社にもよりますが手数料が発行する場合があるので、申し込む際に手数料が発生するのか確認を行った方いいかもしれません。
最近ではインターネットによる情報の盗難が多発しており、実物が盗まれないことから本人が不正利用が行われたことに気付くまでに時間がかかってしまいます。

これにより停止の申し込みを行う連絡も遅れてしまうことから、長期的に不正利用が行われる可能性もあります。
対処としてはインターネットを行うパソコンやスマートフォンにセキュリティソフトの導入を行う事で、情報を盗まれないことが大事になります。

また、クレジットカード会社としても利用者に利用方法をコンピュータに学習していることから、普段買わないような高額商品を購入した場合には利用者に本人確認の連絡を行う事にしています。このようにして早期に不正利用を防ぐシステムが機能しており、安心して利用できる仕組みが作られています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ