ネガティブオプションと呼ばれる押し付け販売の対処

ネガティブオプションとは押し付け販売、送り付け商法と呼ばれるものであり、問題のある悪徳商法の一つです。突然商品を送り付けることで、期限内に返送が行わなければ売買が成立したものとみなし、代金を請求する仕組みになります。

その為、商品が不必要であれば消費者がわざわざ返送を行わないといけないことから、問題視されている販売方法になります。
商品が届いて14日間の期限の前に商品を使用した場合には、法律上では購入したと見なされてしまうのでトラブルの元になりやすいです。

一方14日間が経過した後、または業者に対して引き取り請求をしてから7日間が経過した場合には業者に引き取る意思がないと法律上で判断が行われるので、商品を使用しても問題がありません。クレジットカードで決済手続きを行ってしまった場合には、クレジットカード会社に連絡を行う事で、クーリングオフが認められます。

もし業者によるクーリングオフ妨害行為が発覚すれば、強制的に契約を解除することが可能になります。クレジットカード会社は加盟店である業者に対して調査が行われ、販売方法に問題がなかったのかどうか判断が行われます。

もし問題が発覚した場合には当然ながら加盟店の権利が剥奪され、カードの支払い方法やクレジットによる販売手段が使えなくなってしまいます。また高額商品の販売であれば、利用者がいきなり高額取引が行うので、不審に思い調査が行われ、利用者から悪徳商法を守るシステムがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ