クレジットカードを利用する発生主義のデメリット

発生主義とは、会計原則の一つで現金の収入、支出に関係なく収益や費用が発生した場合に計上する項目のことです。
個人で家計簿をつける際にはクレジットカードを利用した買い物が該当します。

すなわちクレジットカードで買い物を行った場合には当日の現金の変動がなく商品を手にすることになり、後日にクレジットカードの請求日によって現金による支払いを行うことになります。これを引き落とし主義と呼びます。

クレジットカードは発生主義の下で、現金の変動がなくモノを手に入れたり、サービスを受けることが出来るので、利用者は引き落とし主義に対して慎重に考えて利用しなければいけません。クレジットカードの管理がうまくできずに支出を膨らませる人は珍しくなく、多重債務者への道を辿ることになります。

その為、クレジットカードの利用に関しては慎重になるべきであり、計画的に利用することが理想的な使い方です。
返済方法としても一括返済では金利が発生しませんが、使い過ぎで一括返済がつらい場合にはリボルビング払いによって返済を行う人もいます。

このリボルビング払いは月々の請求額の一部を次回の請求額に回すことで一時的に経済的負担を軽減させるものになりますが、新しくクレジットカードを使って商品を購入したとしても、またリボルビング払いを行う事で翌月の請求額の減額することが可能になります。しかし、これを続けていくと利用者本人の返済額が把握できなくなってしまい、自己破産を引き起こす可能性もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ