ICチップ搭載のクレジットカードで使われるMULTOSとは

MULTOSはICチップ用のオペレーティングシステムとして開発が行われ、今では、クレジットカードやキャッシュカードなどに採用されているシステムです。日本で発行される物の多くがMULTOSを採用しており、セキュリティ面での高いパフォーマンスを発揮してくれます。

クレジットカードやキャッシュカードなどは、従来のモデルの場合ですと、磁気ストライプによって、情報を記録していました。しかしセキュリティで甘い一面があり、スキミングと呼ばれる方法で情報を盗み出すことで、偽造カードが作られる犯罪がたくさん発生してしまいました。

それに対抗する形で、ICチップの導入が行われ、磁気ストライプよりも複雑な、暗号化された情報を取り扱うことが可能になるので、スキミングが行われにくくなったというメリットがあります。

また、生体認証システムへの対応も行われ、指紋や指の静脈などの個人の生体情報も、ICチップ内に保存することが可能になったので、ATMなどの操作で照らし合わせることで、より正確に本人確認を行える仕組みになります。

MULTOSは汎用オペレーティングシステムとしてアプリケーションの開発が容易であり、発行スキームを通じて統一された規定があることから、次々と開発が行われるアプリケーションを複数搭載することが可能です。1枚のICチップに複数のサービスを搭載することで、社員証にクレジットカードを搭載することなどが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ