返済期間が過ぎてからの回収期間に対する注意点

回収期間は債務者が債権の返済を怠った場合に返済日から返済完了するまでの期間の事を指し、融資を行ってから返済日までを返済期間と呼んでいます。本来であれば返済期間内での返済が理想ですが、何らかの事情により返済日までに支払いが出来ずに後日に完済を行うケースが該当します。

クレジットカードの場合でも債権の一つとなるので、請求日に支払いが行えなかった時は回収期間となり、クレジットカード会社としても支払ってもらうために督促を行う事です。もちろん回収を行うために手間が発生することから、遅延損害金と呼ばれる遅れた日数分の賠償金も発生するケースもあるので、注意すべきポイントです。

意図的に支払いを滞らせる場合にはクレジットカード会社のブラックリストに掲載されることで信用を失うことになり、最悪クレジットカードの利用停止の処置が行われます。また個人信用情報機関のデータベースに記録されることで、他社の消費者金融やクレジットカードの申し込みの審査が通らない場合も発生します。

債務不履行と呼ばれる状態に陥り、信用が出来ないので融資を行う金融機関が無くなってしまいます。

このようなことから回収期間は生み出してはいけないものです。もし返済が遅れた場合にはクレジットカード会社に即座に返済をする意思を伝え、回収する期間を出来るだけ長くしないことが信用問題にも重要となります。これによって督促状が送られた場合にもすぐさま対処が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ