融資を行う際に物件に対して行われる担保価格の決め方

担保価格とは、担保を使って融資を受ける際に、担保を評価することで算出された金額になります。金融機関などでは返済の際に借金の肩代わりに担保を使って返済金額を補うので、これに見合う融資金額が決定されるのです。

不動産を担保にする場合には土地や建物の価値、貸しビルの場合には将来の収益などが視野に入れられます。例えば、所有者が使用中の物件であれば、明け渡し前提であるために、賃貸物件と比較しても高い評価額を受けることになります。

融資を受ける企業には、現在操業中のホテルやレジャー施設、開発中のマンションや貸ビルなども該当し、金融機関は将来の予想される収益を前提に、価格を決定する事になります。このような状況や将来の価値などが想定されるので、不動産では物件価格と評価価格は大きく異なることになります。

物件価格が1000万円で、金融機関は1000万円全てを融資してしまう場合には100%評価となりますが、将来売却を行って価値が下がってしまうリスクもあり、利益も生み出さないといけないことから、金融機関としては80%の800万円しか融資を行わないと判断される場合が多く、担保評価としても1000万円の物価価格に対して、800万円しかない計算です。

しかし新築物件の場合には100%を超える場合もあります。新しいということで、将来的な利益が確実に見込め、もし担保を取り上げた際にも、すぐに売買が出来るメリットがあるので、このような現象もあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ