ネガティブリストに登録されない為の利用方法

消費者金融やクレジットカード発行会社などは、ネガティブリストと呼ばれる顧客一覧リストを所有しています。これはブラックリストとも呼ばれており、過去に返済の延滞など不払い事故を起こした顧客が登録されています。これを元に融資額や再審査の際に大きく響くことになり、信用できない顧客と認識されます。

返済の遅延が多かった場合や、支払が困難な状況になると個人信用情報機関に登録されることになります。また、他社でも金融事故を引き起こした顧客として判断され、消費者金融のローンサービスや新しいクレジットカードの申し込みなどの審査が通らない可能性も大きくなるのです。

その為、ネガティブリストに掲載されない使い方が重要であり、クレジットカードでも規約内の利用方法で返済などもきちんと行うことが大切です。

昨今ではリボルビング払いなどが登場し、クレジットカードの返済額を次回に一部回すことで、その返済月の軽減が行えるサービスがあります。このリボルビング払いを繰り返して返済額の一部を毎回翌月に回していると、クレジットカード会社が不審に思い、ネガティブリストに登録される可能性があります。

期日を守ってルール内の利用方法を行っていたとしても、信用を落とす行為とみなされれば登録されるので注意しましょう。消費者金融やクレジットカードは信用でお金を貸し出しているビジネスなので、一度信用を失うと信用回復が難しく、金融機関で情報を共有しているので、出来るだけ金融事故を引き起こさないことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ