手形を使いまわす回り手形のメリットとコスト削減

取引で受け取った約束手形や為替手形には、支払期日になれば支払いが行われることを前提したものになるので、のちに現金化が行える価値のあるものになります。その為、これらを使った取引が行われ、他社からの仕入れの際に現金の代わりに決済に使われることを回り手形と言います。

この状態を裏書譲渡と呼ばれ、手形の裏面に署名や捺印を行う事で、持ち主が移動してしまうわけです。譲渡された業者は、即現金化を行わなくてもこの決済手段を使う事で仕入れに利用することが可能となります。

これを決済の為に差し出した側からすれば渡り手形と呼び、逆に譲渡し裏側を行った側からは回ってきたものなので回し手形と呼びます。
本来の名称としては回りも回しも使わずに裏書を行う事から、裏書譲渡が正式な呼び方になります。

これにより、債務を持つ側からしてみれば返済先が裏書を行った側への返済になります。これでは返済に関してトラブルが生じた際には複雑な環境が生まれるデメリット面があり、現金化を行うには時間と手間が発生する可能性も秘めています。

しかしメリット面としては印紙代が不要であり、銀行の取り立て料も不要なことから、債権で決済させる方が企業にとってみれば余計なコストが発生しない特徴があります。特に金融機関などでは債権、債務の取り扱いが多く、新たなる多額な融資などを求めて金銭の流れが激しくなる場合もあるので、このコスト削減は馬鹿にできない存在になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ