様々なサービスの料金を口座から引き落とす預金口座振替依頼書

ガス代や電気代、水道代などの公共料金から、携帯電話代、クレジットカード代金を銀行引き落としで利用する場合に、預金口座振替依頼書と呼ばれる書類を各会社は銀行に依頼することで成り立ちます。

その為、銀行引き落としを希望する消費者は、銀行引き落としの書類を記入する際に住所、連絡先、氏名、預金口座の銀行印を記入する必要があります。これによって引き落とし先の金融機関で照合され、各サービス料金の支払いを銀行引き落としで自動で引き落とされる仕組みになります。

現在では銀行引き落とし以外の決済方法なども登場しており、回収業者によるコンビニエンスストアでの代行回収業やATMによる振込み決済方法など多種多様な決済方法があり、利用者の考えや利便性などを考慮して様々な手段で回収が行われているのです。

習い事の入会が必要なサービスなどでも、預金口座振替依頼書を使う事で月謝を支払うことが可能です。こちらの場合には公共料金やクレジットカードとは異なり、利用金額を支払うわけではなく月謝として毎月納めるものを支払うことから、サービスを利用していない場合でも継続的に銀行口座から金額が引き落とされる仕組みになります。

金額の引き落としを停止させる場合には、習い事や入会が必要なサービス元で解約を手続きを行う必要があります。同様にインターネットサービスでも定期的に引き落とされるサービスなども存在するので、支払い状況を見直し不必要な定額サービスの解約を行うことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ