クレジットカードを使う上でのインターネットリテラシー

インターネットでクレジットカードを利用する場合には、情報リテラシーが必要になります。リテラシーとは活用能力のことで、インターネットに対する知識とスキルが必要です。
インターネットの普及により利便性が向上した一方で、リスクも伴うようになりました。

それに対応する知識とスキルが必要になるわけであり、クレジットカードを扱う上で情報リテラシーが欠如している場合にはカード犯罪に利用される可能性も十分に考えられます。

クレジットカードを利用する場合には主に2種類の利用方法があり、ショッピングやサービスを受ける際の決算手段として、そして、インターネット上でクレジットカードの操作が行えます。操作が簡単な分、悪意のある第三者からの犯罪に巻き込まれやすく、IDやパスワードなどのアカウントで管理されていることから、不正利用が行われやすい一面があります。

対処法としては、コンピュータウイルスから守るためにセキュリティソフトの導入や、フィッシング詐欺サイトなどの本物に似せたサイトや安全性が確認できない海外の通販サイトなどで、出来るだけ情報を入力しないことが重要です。ここで入力された情報は第三者に知れ渡り不正アクセスが行われたり、クレジットカードの情報を入力してしまった場合には不正利用などで見知らぬうちに買い物に利用されたりなどの危険が伴います。

このようなトラブルを避けるために、インターネットに対する知識やスキルを身につけてトラブルから自衛することが重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ