情報をアップロードする場合に気を付ける事

パソコンや携帯電話などのインターネットデバイスの情報をインターネット上に送信を行うことを、アップロードと言います。インターネット上でクレジットカードを入力して商品やサービスを提供する会社に送信することも、一つのアップロードと言えるでしょう。

インターネットでクレジットカードを扱う上では重要な物であり、セキュリティが甘いとアップロードのデータを第三者に盗まれてしまう可能性もあります。それを事前に防ぐために暗号化され解読が難解にしている通信方式のSSLを使う事になり、クレジットカードなどの重要な情報をアップロードする際には入力事項を行うサイトがSSL通信に対応しているのかを確認する必要があります。

また、Wi-Fiを利用する場合にはWi-Fiの管理者が情報を盗み取る犯罪などもあるので、スマートフォンを利用する場合にはむやみに安全の確認が出来ないWi-Fiを利用したインターネットの危険性を理解しないといけません。

このようなインターネットに関するトラブルを事前に防ぐためにも、インターネットに対する知識やスキルが求められているのです。最低でもセキュリティソフトを導入を行うことで、安全な通信が行えているのかを確認する必要があります。これは安全が確認できない場合には警告などが表示され、利用者に知らせる仕組みです。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用を行う場合には、運転免許の写真や所得証明書をカメラで撮影してそれを送信することがあります。このような写真でもれっきとした書類として処理が行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ