消費者金融の担保貸しのメリットとデメリット

消費者金融でローンサービスを受ける場合には2つの貸し出す方法があり、信用貸しと担保貸しがあります。
信用貸しは消費者金融の他にクレジットカード会社でも採用されている融資方法であり、個人の信用に応じて融資を行うやり方です。

その為、個人の信用問題が重点的なポイントとなり、信用の無い頃は融資金額やクレジットカードのショッピング、キャッシング上限額などは低い金額から行われます。ですが返済期日を守ったり、無計画な利用方法などが行われない場合には利用限度額の上限が引き上げられる方式です。

また、消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能で表示されてる上限金利、下限金利も最初融資に対する金利が上限まで上げられているのに対し、信頼を勝ち取ることで金利が徐々に下げられていきます。

逆に無計画な利用方法が目立ち返済期日の遅延や滞納などが目立つようになれば、融資サービスの停止や個人信用情報機関への登録が行われます。これにより他社での消費者金融や、クレジットカードの申し込みが行えなくなります。

担保貸しの場合には担保で融資を行うやり方であり、消費者金融などで行われているものになります。

これは担保として財産の所有権を債務不履行の際に差し押さえることを前提に融資を行うので、消費者金融からしても現物にある財産で債務不履行を解消することが可能になるメリットがあり、金利なども低めに設定が行われる消費者側のメリットもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ