人の流失を防ぐリテンションを使った対策方法

リテンションとは人の流失を阻止するための対策の事を指します。企業には2つの人の流失を阻止する対策が必要で、必要な人材の維持と顧客の維持があります。
必要な人材の維持は、近年では気軽に転職が行えることから、主戦力である人材の流動化に対して対策を行わないといけません。

企業内に留める為に報酬を上げることが従来のリテンション手段として利用されてきましたが、近年では金銭以外に組織風土、働きやすい環境、個人のライフスタイルに合わせた労働状況を提供することが重要視されており、有能な人材ほど企業内に留めておきたいので、様々な転職をさせない対策が行われています。

顧客に対する維持は契約が関係する業種で使われるものです。例えばクレジットカードや携帯電話業界の場合には長期的に利用してもらう事を想定としている商品となるので、他社への流失を阻止する必要があります。リテンション手段としてはサービスの向上や低価格化が上げられます。

クレジットカードの場合には付帯保険などのオプションサービスを充実させることで、他社のクレジットカードよりもお得と思わせる必要があります。その為に、年会費の低価格化や他業種との提携カードにより、あらゆる業種に特化したクレジットカードの提供を行っています。

例えば家電量販店と提携したクレジットカードであれば家電量販店のポイントサービスが充実できるサービスを提供することが可能になるので、家電量販店で買い物が多い顧客からしてみれば魅力的なクレジットカードになるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ