禁止されたアドオン金利による実質金利と異なる部分

アドオン金利は1972年に違法として禁止されていた表記方法の一つです。現在では実質金利に統一されていることから、消費者金融やクレジットカードのショッピング枠からキャッシング機能を利用する際にはこの表記を見て融資を行ってもらうことになります。

アドオン金利の問題点としては実質金利と比べて低い金額を表示させていたことがありました。借りた金額に融資機関と利率をかけて利息の総額を割出し、元本の合計額を返済回数で割って1回あたりの返済額に利息を加えたものを表示していたのです。

これでは実際よりも低い利息で表示されるので、誤解を招いてしまうトラブルが多発していました。ゆえに違法として禁止されており、現在では統一金利を表示することで、消費者に分かりやすい表示になりました。

禁止される以前ではショッピングクレジットなど小額商品の売買などで使われていた計算方式でした。シンプルな計算方法によって返済が進み、残高が減っていたとしても毎月の利息金額が統一されていたことから、実質の利息と大きく異なる性質を持っていました。これにより算出計算のトラブルが発生する原因になってしまいます。

現在では実質金利だけの表示に切り替わったことから、消費者も消費者金融やクレジットカード会社の表記に惑わされることなく、返済金額、利息について把握しやすい状況になりました。これによって安心してクレジットカードの利用や消費者金融からの融資を把握することが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ