割賦販売を行った際の回収基準と呼ばれる目安

割賦販売を行った際の回収基準と呼ばれる収益計上基準は、現時点での回収できた金額を売り上げ収益を計上するやり方になります。

つまり商品取引において、その日に商品やサービスを提供し現金で受け取った場合にはその日の収益となるので、売り上げの販売標準が決められ、一般的にはこの処理によって売上収益は記録されるものになります。

しかし、割賦販売を行った際には代金を長期的に分割して決済を行うので、店舗側としても販売したその日に商品代金の全てを受け取ることが出来なくなってしまいます。さらに長期的に一定金額を分割して支払う約束を行う形態になるので、顧客が支払い不能に陥る可能性や支払いが滞ったりする場合があります。

こうしたケースでは督促状を送るなどのリスクや経費が発生してしまい、販売基準を出すことが難しくなります。これに対して登場した計上方法として回収基準があります。
回収基準では、その時点で集めた金額を収益計上として記載することが可能であり、収益の一つの基準として見ることが可能になります。

簿記での貸借対照表では流動資産に割賦販売契約、負債欄に割賦仮売上として一度計上し、現金を回収した時ごとに割賦仮契約の金額を打ち消していくことで会計処理を行います。
これにより店舗側としてもどれだけの金額を集めているのか、残りの残金がどれだけあるのかを把握することが可能であり、割賦販売によるリスクなども計算することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ