ネットによるクレジットカードの利用多様化と危険性

ネットの普及によりクレジットカードの利用方法も大きく変わってきました。ネットはパソコンや携帯電話、スマートフォンなどが全世界のコンピュータに接続する手段の一つであり、これによりインターネットショッピングやビデオオンデマンド、音楽配信などのデジタルコンテンツのサービスなども開始されました。

気軽な電子決済手段としてクレジットカードが利用されており、必要な金額分だけで決済が出来るメリットがあります。その他の決済手段としてはWEBマネーやビットキャッシュの様な電子マネーから、銀行振り込み、コンビニ振込みなどがあります。

電子マネーであればプリペイド番号を購入しに行かなければならない手間が発生することから、クレジットカードの利便性が最も目立つ世界になります。また、クレジットカードをパソコンや携帯電話、スマートフォンからサイトを通じて管理をすることが可能であり、電子明細書を表示することが出来るので、郵送で明細書が送られてくることがありません。

また、使いすぎた場合には後からリボルビング払いの申し込みが行えることから、電話や店舗などで申し込む手間も省くことが出来ます。振込キャッシング機能を使えば、指定した銀行口座へ入金が行われることから、キャッシングの面でも利用方法が大きく変わりました。

その一方でコンピュータウイルスなどの脅威も潜んでおり、セキュリティを管理していないとクレジットカードの情報が盗まれてしまうことから、新たなるカード犯罪も生み出しました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ