加盟店が利用者の利用信用の判断に使われるアドバイスファイル

クレジットカードは販売信用で成り立つビジネスであり、利用者の信用が最も重要な要素となります。その為、クレジットカードを利用できる加盟店では、オーソリゼーションと呼ばれる、加盟店がカード会社に対して、利用者のクレジットカードがきちんと利用できる状態なのかをチェックする手段が使われています。

つまり、オーソリゼーションによって得られたアドバイスファイルと呼ばれる信用承認回答情報を、クレジットカード会社から得られることで、加盟店で決済が出来る許可が下りて、実際のショッピングに利用することが可能になるという仕組みです。

昨今では、加盟店に設置されているCAT端末機を通して決済が行われる仕組みであり、即座にオーソリゼーションが行われアドバイスファイルを習得することで、使用認証が行われます。

この様な認証を行うシステムの上でカードは利用されており、オーソリゼーションは義務として行われていることから、認証作業を行わない加盟店では決済することが出来ません。

オーソリゼーションでアドバイスファイルをオンラインにて通信を行いますが、セキュリティ面としては電子メールと同じISO8583で国際規格化された通信技術を用いていることから、通信がハックされて盗まれる心配はありません。

利用者側としてはなるべく信用を落とさないことが重要であり、支払いの遅延、滞納などが目立つようになれば、このシステムから利用できなくなってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ