融資を行う際に担保を引き取る担保権者の役割

担保権者とは、融資を行う際にあらかじめ債務不履行に陥った場合に担保を債権者に引き渡す手続きを行いますが、その引き渡しを受ける人の事を指し、これによって債務不履行になった場合には金融機関はスムーズな資金回収を行う事が可能になります。

担保は主に企業などが多額の資金を調達する場合に利用されており、消費者金融やクレジットカード会社なども新たなる資金源として有価証券を使って資金調達を行います。
有価証券とは優良債権の事であり、消費者金融やクレジットカード会社ではお金を消費者に貸し出すことで回収する権利を持っています。

その債権は将来的に貸し出した金額分を回収する見込みがあるので、有効的な財産として認められます。逆に返済の滞納や遅延などが目立つ債権に関しては将来的に回収が出来る見込みがなく、自己破産などをしてしまえば回収することが出来なくなってしまうことから不良債権と呼ばれ価値が生まれなくなってしまいます。

その為、消費者金融やクレジットカード会社では信用度が高い顧客の債権だけを集めることで、これを担保にしています。

もし消費者金融やクレジットカード会社が破産してしまった場合には、債権は担保として融資を行った担保権者である金融機関へ渡ってしまうので、利用していた消費者の返済先が変わってしまいます。ここでは新たに返済方法や返済額などがもう一度話し合われることから、返済することが大きく変わってしまうターニングポイントにもなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ