パブリックキーとプライべートキーを使ったセキュリティ対策

パブリックキーとプライベートキーは、ICチップ搭載のクレジットカードを不正利用から守るためのセキュリティとして、多くのクレジットカードで採用されている暗号方式になります。パブリックキーは公開鍵と呼ばれ、サービスシステムに情報をアクセスするためものです。

つまり、オンラインを通じて情報を引き出すために利用され、プライベートキーは秘密鍵と呼ばれ公開鍵でアクセスした情報の暗号を解読するものであり、主にICチップ内で処理が行われます。これらによってクレジットカード内部で判定処理が行われるので、外部に判定処理結果などが流失する心配がありません。

パブリックキーとプライベートキーで処理された結果によって不正がないか認証が行われ、クレジットカードが利用できる状態になります。ICチップ内の情報は複雑で、どのような処理が行われているのか第三者が解読することを困難としているので、プライベートキーによってセキュリティ状態が守られているのです。

日本の多くのクレジットカードではICチップに対応しており、加盟店でもICチップを読み込むリーダーが普及しているので、日本国内では安全な利用が行えます。しかし海外で利用する場合には大きく事情が異なります。

海外ではICチップの普及が遅れている国などがあり、従来の磁気ストライプによる決済が行われているケースも多いわけです。その為、クレジットカードにはICチップとは別に磁気ストライプを搭載しており、磁気ストライプを利用した決済の場合にはこのようなセキュリティが利用できなくなるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ