クレジットカードのアドバイスリミットの仕組み

クレジットカードの利用限度額の事をアドバイスリミットと呼ばれ、クレジットカードを使用する場合には加盟店がオーソリゼーションと呼ばれる利用限度額の確認を行う事で使うことができる仕組みになります。

限度額を超えてしまった場合にはカードを使うことが出来ないので、利用限度額の残りが2万円の状態で3万円の商品やサービスを受ける場合には加盟店側がオーソリゼーションを行う事で、限度額を超えてしまい、使用ができないとチェックが行われるわけです。

これにより、クレジットカードを使用する場合には毎回、このチェックが行われる仕組みになります。
アドバイスリミットは信用情報を元に定められるものであり、クレジットカードを申し込む際の情報が一つの基準となります。

収入状況や他の金融機関からの借金の状況、労働先、家族構成、住宅状況などが審査の対象となり、最低でも10万円のショッピング枠が設けられることになります。

クレジットカードの使用状況によって信用は大きく変わるもので、返済の滞納などがなく一定額の利用を行えば優良顧客として信用できると判断され、ショッピング枠やキャッシング枠の拡張が行われます。

逆に返済の遅延、滞納が当たり前で他社のクレジットカードでも金融事故を引き起こしてしまった場合には信用を失うことになるので、ショッピング枠の縮小やキャッシング枠の廃止もあり得ます。最悪の場合には利用停止が行われ個人信用情報機関への登録が行われることになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ