クレジットカード会社が回収代行業者に債権回収を行う理由

クレジットカードの請求方法としてはクレジットカード会社に登録した銀行口座から支払われるシステムが一般的ですが、支払い方法の多様化が進んだことで、顧客の利便性が向上しています。ここで登場するものが回収代行業者であり、クレジットカード会社の代わりに多種多様な支払い方法を提供することで、支払い金を集めやすくしています。

代表的なものとしてはコンビニエンスストアでの支払い方法であり、クレジットカード会社は回収代行業者に任せることで、返済が行われやすくなります。利用者にはコンビニエンスストアで利用できる振込用紙を運送し、利用者はコンビニエンスストアで決済させることで返済が終了します。

回収代行業者は集める手数料が利益になるものであり、クレジットカード会社としても様々な回収手段が利用できることから回収率を上げることが可能になります。
クレジットカード会社や金融機関では個人商店やオンラインショップなどの回収代行業を行っています。

例えばオンラインショップの場合にはクレジットカードの利用率が高く加盟店になる場合には手続きなどが煩雑で、コンビニエンスストアの収納代行サービスなど多彩な決済手段を用意しないといけません。

こうしたこともあって、現金でのやり取りが銀行振り込みしか使えない以上は回収代行業のシステムを利用することで、特別な申し込みなどを行わなくても多彩な決済手段を利用するので集客率を上げることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ