クレジットカードで必要なサインと海外での対応

クレジットカードを利用する際にサインを求められることがあります。これは持ち主と使用者が同一人物なのかを示すものであり、この買い物は本人が行いましたと言う意味があります。

しかし、最近ではクレジットカードにICチップが搭載されており、申し込みの際に設定した暗証番号で決済を行う仕組みになったことから、機会自体は少なくなっています。

サインが必要なクレジットカードの種類としては、以前使用されていた磁気ストライプが搭載された磁気カードであり、日本国内では多くの加盟店がICチップへと切り替えたことから暗証番号による本人確認が積極的に行われています。

これからの時代にサインが求められるケースとしては海外旅行でのクレジットカードの利用で、海外ではICチップの導入の遅れからICチップを読み込む機器が加盟店に存在していない店舗も数多くあります。

その為、従来の磁気ストライプによる使用となりサインが必要になります。クレジットカードには柔軟性を持たせるために磁気ストライプとICチップの両方が兼ね揃えています。これによってICチップに対応していない店舗でも利用できる仕組みになります。

また、海外でクレジットカードを利用する際のサインとしては、アルファベットでの記入が求められ、漢字やひらがななど日本で記入してしまうと店員が理解できないなどの問題があるからです。海外でショッピングを楽しむ際に記入するサインの事も考えなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ