ネット清算における危険性とセキュリティ意識

ネット清算は、インターネット上で買い物などを行った場合にお金を支払う仕組みのことです。主なネット清算手段としてはクレジットカードの利用者が多いのですが、WEBマネーやビットキャッシュの様な電子マネー、送られてくる振込用紙で手続きを行う銀行振込み、コンビニ振込みなどがあります。

利用目的としてはインターネットショッピングは昔から存在していますが、ビデオオンデマンドによる動画配信から音楽のダウンロード、オンラインゲームなどの利用料支払いなどの、インターネット上でのデジタルコンテンツに対する決算利用として増えてきています。

クレジットカードに関しては利便性の高さがメリットして挙げられますが、セキュリティに対するデメリット面も存在しています。ネット清算に対する被害の多くはクレジットカードのカード被害であり、一時期的にクレジット会社が支払う性質から、情報だけを盗んで、悪意のある第三者が勝手に利用することが可能になります。

そのような被害を事前に防ぐために、パソコンやスマートフォンなどにあらかじめセキュリティソフトを導入することでコンピュータウイルスなどの侵入を防ぎ、情報を盗み取るだけに作られたフィッシング詐欺サイトと呼ばれる偽物のサイトにも注意をしなければいけません。

安全な決算手段として電子マネーが使われており、こちらはプリペイド番号で商品やサービスを利用することから、たとえ情報が盗まれたとして大金が使われることはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ