株式会社の資金源となる払込み資本の性質とは

振込み資本とは株式会社で使われる資本金の事で、株式会社では発行する株式を投資家に買ってもらう事で、購入金額を運営の為の資金として利用します。これにより、会社の価値によって株式の価値も変動するものであり、多くの株式を購入してもらう場合には優良企業としてアピールを行う事になります。

資本金と振込み資本金の大きな違いとしては、資本金は株式の発行枚数全体の金額の事を指すものに対し、振込み資本金は発行された株式の中で、実際に購入が行われ会社に購入資金が調達したものになります。株式の購入金額は株主から受けた出資として処理が行われ、この金額の一部は資本準備金として積み立てられます。

資本金とは別の金額が積み立てられていることから、事業拡大や設備投資などの投資以外に自由に利用できる金額になります。
株式会社はこのような資金調達法を行っており、株主が株式を売買を行えば会社の価値が大きく変動することから、株主に対して優遇を行う会社もあります。

それが株主優待であり、投資した会社のサービスを受けられる権利などが与えられるものが多くあります。例えば遊園地を運営する会社であれば遊園地の無料招待券が配布されたり、百貨店やデパートであれば一定金額の商品券を配布する会社もあります。

これにより売られることを阻止しており、売られた場合には株1つの価値が大きく変動することになり、資本金にも直接的な影響を与えることに繋がってしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ