クレジットカードなどで決済した場合の未収

商品やサービスの提供の際には未収と呼ばれる状態になる場合があり、これは商品やサービスを提供を行った際に、その場で現金による支払いが行われない状態の事を指します。いわゆるツケなども未収に該当し、後日まとめて払う事を条件に商品やサービスを受けることになります。

個人で経営する店舗などでは簿記によるお金の勘定を記録する際にも利用されるものであり、その場で現金で支払われない方法として挙げられる決済手段としてクレジットカードがあります。

クレジットカードで買い物を行った場合には店舗側としては当日の収益として計算されることがなく、後日まとめてクレジットカード会社から利用金額が振り込まれるので、振り込まれる日に初めて収益が生まれることになります。

それまでに商品が売れてしまったとしても収益にはならないことから未収金として処理が行われ、振り込まれた際に相殺されることになります。
クレジットカード以外にも、キャッシュカードに搭載されているデビット払いも後日にまとめて支払われるシステムを採用しています。

同様に電子マネーやプリペイドカードによる決済方法も現金と異なり、当日の収益になるわけではないので、勘定を記録する際にはクレジットカード同様の処理が行われることになります。

店舗や企業によっては売掛金として処理することもあり、簿記などを記載する会計担当者のやり方によっては大きく記載方法が大きく異なりますので、言葉の意味なども変わります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ