クレジットカードと与信可能金額の関係とは

消費者金融やクレジットカードに与信と呼ばれるものがあり、これは信用取引を行う際に融資に関する金額の事になります。与信可能額は顧客の信用で判断されるので、信用に関する審査が行われます。

クレジットカードの場合にはショッピング枠とキャッシング枠の二つの枠が決められており、個人の信用状況を審査を行い枠自体を決めることになります。その為、過去に返済の滞納などの金融事故を引き起こしてしまった場合には、個人信用情報機関に登録が行われるので、他社の消費者金融やクレジットカード会社だった場合にも情報を共有されています。

また、与信可能額は融資規制の対象であり、年収の3分の1以上の融資を行ってはいけない法律があります。年収よりも多くの金額を借りることで多重債務になる事態を事前に防ぐ役割があります。

複数の金融機関から融資を受ける可能性があることから、与信に関する情報も共有されており、複数の消費者金融やクレジットカードの与信の設定はトータルで年収の3分の1を上限に設定が行われます。

クレジットカードのキャッシングも当然ながら融資枠に該当することから、普段キャッシング機能を使わない場合に銀行の融資サービスを受ける際にはキャッシング枠も入れて年収3分の1で与信が決められます。

このことから、使わない場合には事前に解約などを行うことで融資枠を増やすことが可能です。その為、複数のクレジットカードなどを所有している場合には契約状況を確認しておいてもいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ