クレジットカードの不正利用に対するリプリゼントメント

クレジットカードの不正利用を防ぐ手段として、チャージバックとリプリゼントメントがあります。これは利用者や加盟店のどちらかに不正利用が発覚した際に、クレジットカードの取引を停止させるものです。

例えばクレジットカードを利用してインターネットショッピングを行った場合に、商品の購入を行ったのに対し、オンラインショップ側が商品を運送する意思がない場合に、利用者は発行会社に連絡を行う事で決済を停止させることが出来ます。このような流れをチャージバックと言います。

リプリゼントメントはチャージバック処理の第2段階で、オンラインショップと加盟店契約を行っているアクワイアラーと呼ばれる立場の会社と、クレジットカードを発行し、決済処理を行うイシュアーが行ったチャージバックに対して、もう一度紛議を行うことです。オンラインショップが商品の運送が行えなかった理由などを、もう一度検証を行うものになります。

この検証でオンラインショップ側に問題があった場合には、加盟店契約が解除され、クレジットカードによる決済手段が使えなくなってしまします。

加盟店に限定されず、利用者側に不正利用が発覚した場合でも加盟店側から決済を停止させることが可能であり、同様の手順で検証が行われ、不正利用を暴くものになります。これにより、事前に取引のトラブルを防ぐ役割があり、安全に買い物が出来る仕組みとなります。

こういった消費者をトラブルから守る仕組みはたくさんあるのですが、消費者トラブルが増加しても、チャージバック件数には状況は反映されないので、トラブルの発生状況の目安にはリトリーバルリクエストが用いられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ