消費者金融やクレジットカード会社の指標である回収率

回収率とは、消費者金融やクレジットカード会社が融資を行った債務者からどれだけの金額が回収できているのかを示す値です。金融機関では貸した金額を回収できなければ利益が生まれないことから、回収率は最も重要な指標となり、効率を上げるために、支払いが遅れた利用者などに督促状を送る事になります。

支払いの遅れや意図的に返済を拒む利用者がいる場合には回収率が下がることから、利用者の信用度も下がる仕組みになります。これにより、ブラックリストへの掲載や個人信用情報機関などの登録を行う事で、消費者金融、クレジットカード会社などの金融機関に信用が出来ない人間と情報を共有することになります。

その為、利用者が別のクレジットカード会社への申し込みや消費者金融への融資の依頼を行う際には、審査の時点で個人信用情報機関へのデータベースにて照合が行われます。この時に信用が出来ない人間だと判断が行われれば契約申し込みの拒絶が行われます。

クレジットカードのリボルリング払いなども収益を妨げるものであり、毎月の返済額の一部を後回しにすることで、利用者の利便性が向上する一方で会社の回収率が下がってしまうことから、リボルリング払いを行う場合には手数料が発生し、信用度も若干下がるデメリット面が存在します。

信用度が高い利用者は常に一括返済を行い、利用額も大きいことから、クレジットカード会社からしてみればお得意様として判断が行われ、ショッピング枠、キャッシング枠の上限が上げられたりします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ