背面にあるサインパネルの必要性と危険性とは

クレジットカードの裏面に本人署名を行う欄があります。これをサインパネルと言い、カードが届いた際にはサインを行う必要があります。加盟店では利用する際に店員が伝票のサインとサインパネルを総合して本人なのかを証明します。

最近ではICチップが導入されたことで本人確認のサインが不要となり、暗証番号で確認を行うようになりました。これにより、レジで長い行列が出来た場合でもクレジットカード処理の決済が短縮できるメリットがあり、ICチップ内の情報が複雑化され磁気ストライプよりも本人確認が容易になったことから実現されたシステムとなります。

クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード、氏名の情報だけで使用することが出来ます。
また、インターネットではクレジットカードに記載されている番号だけで利用することが出来るので、サインの確認・記入が出来なくなりました。

その代わりに署名欄に記載されているセキュリティコードを入力する必要があり、これらのシステムが普及したことから、サインパネルを利用しないユーザーが増えています。

記入しなかった際にはクレジットカードの保険が適応されることがなく、もし紛失や盗難に遭遇した際に第三者が記入してしまった場合には加盟店が不正使用の判断が出来ないことから、ユーザーの過失と判断されます。新しいクレジットカードが届いた際にはすぐに署名を行う事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ