融資を行う際に適応される担保制度の仕組み

担保制度とは、融資を受ける際に返済不能に陥った場合に備えて債権者は融資を補填するために、あらかじめ決めておいた財産を借金のカタとして動産物、不動産物の所有権を手に入れることが出来ます。

この債権者が複数存在していると基本的に財産を平等に割り振られることになりますが、それとは無関係に独自に財産から債権を回収することが出来る制度になります。

この制度には大きく2種類に分かれており、物的担保と人的担保があります。物的担保は土地や建物などの不動産から金属類などの価値のある品物を担保にすることであり、あらかじめ返済できない場合にこれらの財産で支払うと契約を行う事で施行されるものになります。

人的担保は支払い能力がある第三者が代わりに支払うもので、連帯保証人などが該当します。こちらも事前に返済不能に陥った場合に連帯保証人を決めておくことから、請求先が変更されるものになります。

クレジットカードのキャッシングや消費者金融の融資の場合には無担保無保証で貸し出すことが多く、その代わりに金利が高めに設定されることから、クレジットカード会社や消費者金融などの金融機関は高い金利で早期的に融資に行った元金の回収を行う事が可能であり、あとは金利分を回収することで会社の利益へと繋がります。

これにより債務者が破産した場合に共倒れのリスクが軽減され、審査などを行う事から、もし回収できなかった場合の保険を必要としていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ