ネットワークコンピュータを活用した個人信用情報の共有

ネットワーク上で機能するコンピュータの事をネットワークコンピュータと呼び、コンピュータ内で管理されているデータをネットワークで接続された別のコンピュータでも閲覧することが可能なことからデータの共有化が行われています。

クレジットカード業界でも会社で構築したネットワークコンピュータを形成しており、データベースに顧客データを管理することで顧客情報の共有化が行われています。そしてサポートセンターのオペレーターやクレジットカードの再審査を行う部門などがデータベースにアクセスを行う事で、顧客情報の共有化を行っています。

また、個人信用情報機関へのアクセスの際にも複数の金融機関がデータベースにアクセスを行っており、過去に支払日の遅延や滞納などの金融事故を引き起こした場合にはデーターベースに登録が行われ、別の金融機関でも情報を共有化しています。

これを利用して、新たなる消費者金融のローンサービスやクレジットカードの申し込みを行ってきた利用者の個人情報をデータベースに照合させることで、信用できる利用者なのか審査を行います。

信用できる利用者であれば、良い評価を与え、信用できない利用者であればブラックリストに掲載することで、クレジットカードの利用状況に大きな変化を与えることになります。このようなネットワークコンピュータの活用によってクレジットカードの利用状況の情報をあらゆる金融機関で情報を共有することで融資リスク軽減の為に利用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ