インターネット上でクレジットカードを守るパラメータ

コンピュータ上でデータを入力する際にパラメータを使うことがあります。これはあらかじめ設定されている値を入力するものであり、ユーザーは数字を入力することなく、プルダウンなどで表示された設定値を選択することでデータの入力を行うのです。

特にインターネット上でのセキュリティ対策としてパラメータは利用されることが多く、クレジットカードを使ってオンラインショッピングや有料デジタルコンテンツを購入を行う場合に、クレジットカードの情報を入力する必要があります。

その際に、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ内にキーロガーと呼ばれるキーボードで入力した情報を盗み取る悪意のあるソフトウェアが入っている場合にはクレジットカードの情報が盗まれる可能性があります。

クレジットカードの情報としてはクレジット番号、有効期限、氏名、セキュリティコードであり、この情報を第三者が入力をすることで不正利用が行われてしまいます。

これに対抗する形でパラメータが登場しました。これは有効期限をプルダウンであらかじめ設定されている値から選択することで、キーボードによるデータではないので、例えクレジットカードの情報が盗まれたとしても有効期限の設定が行えないころから不正利用からユーザーを守ることが可能になります。

インターネット上でクレジットカードを利用する場合には、セキュリティソフトなどを導入して悪意のあるソフトウェアの侵入を防ぐことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ