クレジットカードで支払う事で生まれる未収金

未収金は勘定科目の一つであり、流動資産の区分が行われます。取引の際に生じる債権に該当します。同様に売掛金も似たような意味合いがあり、多くの会社では売掛金は売り上げに対して金銭の回収が出来ていないものを指しています。

未収金は売り上げではないですが、金銭を回収出来ていないもの指す場合があり、営業取引、営業取引外での金銭回収として分けられています。小さな店舗などで同じ意味合いで処理が行われるケースもあります。

主にクレジットカードで商品を購入した際での処理方法として小さな店舗などでは処理が行われており、クレジットカードで商品の購入が行われると、現金取引とは違いその場で店舗の収益になるわけではありません。その為、当日の取引に関する勘定方法としても商品を売り、商品代金はまだ手に入っていないことになります。

後日にクレジットカード発行会社から利用分のトータル金額が入金されるので、ここで初めて店舗は売り上げ金を手にすることになります。この取引のやり取りが行われるので、店舗としても売り上げデータなどを記載する際には勘定科目の一つとして利用しています。

クレジットカード以外にも、キャッシュカードのデビット払いや電子マネー、プリペイドカードなど、その場で現金で支払いわれない決済方法もこの処理方法で行われています。回収しきれていない売り上げ金を回収することで前日の未収金を相殺し、ここで初めて利益を生み出すことが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ