クレジットカードの申し込みで使われる与信技術

消費者金融やクレジットカードに申し込む際には審査が行われますが、審査の基準は各機関によって異なり、信用の判断を行う技術のことを与信技術と言います。
まず個人向けの場合には、他社からの融資額や個人信用情報機関の登録状況、収入などで判断が行われ、大手であれば過去の顧客からの経験を元に信用できるのかを判断します。

これにより金融機関によっては判断の差が生まれてしまい、新しく登場した消費者金融機関やクレジットカード発行会社の場合には審査が甘く、過去に金融事故を引き落とした場合でも審査をクリア出来る確率が高いです。

次に企業向けの融資の場合には、個人の融資よりも多額の金額が動いてしまうことから更なる与信技術が必要です。会社の経営状態から経営者の立ち位置、業界での経験、従業員の退社などが目立ち、商品サービスへのクレームが多いなどが該当すると融資を行う金融機関から信用されないケースがあります。

金融機関も融資を行う以上は企業の内部などを調査を行うので、個人よりもシビアなものになります。この仕組によって融資に対するリスクを軽減するとともに審査の迅速化につながることから、審査コストの低減から信用データの強化度を行い、システムを強化していくことが可能になります。

コンピュータ自身も過去の顧客データを元に学習していくことから、コンピュータが審査の判断を行い、ローンやクレジットカードの融資に対する決定するものになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ