データベースから検索を行うアドホッククエリとクレジットカード

アドホッククエリとはデータベースから情報を引き出すことであり、インターネットなども検索を行う事から、一種のアドホッククエリと言えます。
クレジットカード業界では顧客の情報がデータベースとして記録されており、利用金額や支払い方法など購入履歴がデータベースとして記録されています。

そこで定期的にクレジットカードの利用状況を確認することで、信用が出来るか信用できないかの判断が行われています。もし、信用が出来る利用者だと判断が行われることで、ショッピング枠、キャッシング枠の利用限度額の引き上げやゴールドカードへの案内などが行われています。

逆に信用が出来ないと判断が行われれば、ブラックリストや個人信用情報機関への登録なども行われます。
これにより、過去に金融事故などを引き起こした場合には個人信用情報機関に登録が行われます。

これにより別の金融機関に利用者が申し込む際には、情報を共有していることから審査の段階でアドホッククエリが行われ、信用が出来ない利用者と判断されるのです。この分析に該当しない為にも金融事故を引き起こさないことが重要です。過去の利用状況をコンピュータに学習させることで、不正利用から利用者を守る役割もあります。

例えば毎月のクレジットカードの使用状況が少額商品の利用が主だった利用者が、いきなり高額商品をいくつも購入するなど不審な動きをした場合にコンピュータがデータベースを元に調べ、不正利用の被害に遭っているではないのかと知らせてくれる機能があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ