回転信用を使ったクレジットカード、消費者金融への返済

回転信用とはリボルビング方式の支払い方法で、クレジットカードや消費者金融を利用した際に毎月の支払方法として利用されています。特徴としては毎月の利用額に関わらず、一定金額の返済を行う事で利用者の経済負担を軽減させることが可能で、残高に応じて支払い期間が決められます。

その為、支払い期間中に新たなるクレジットカード、消費者金融の利用を行った際には支払い期間の延長が行われるので、毎月の支払い額自体は一定の金額の状態になります。

分割払いとの大きな違いとしては、分割払いの場合には最初に支払い回数を設定することで、その回数から商品、サービス金額を割ることで分割払いを行う事になります。そして回転信用の場合には最初に支払金額を決めることで、トータルの金額が完済できる期間が設定されるのです。

回転信用の種類としては、指定した一定金額を支払う定額方式、借入残高に対して指定した割合を支払う定率方式、毎月の締日の借入残高に応じて変更を残高スライド方式があり、あとから支払額に応じて調整が可能な残高スライド方式が一般的なものになります。

このシステムから回転信用の脅威を生み出す結果となり、返済額が一定になることで、毎月の経済的負担が軽減されることで生み出される金銭的余裕から新たに借金を行ってしまう傾向が見られます。これにより多重債務者を生み出しやすい要因として注意喚起が行われ、現在の借入状態を把握することが利用者に求められているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ