差押え禁止財産によって自己破産者が守られる財産

自己破産を行った際に法律上で差押えが禁止されている財産の事を、差押え禁止財産と言います。債務者は所有している財産を差押さえられることで自己破産が認められ、債務を免責することが可能になりますが、その差押えの中で債務者が生活に必要な最低限の財産を確保しておく必要があります。

これが差押さえることが出来ない財産になります。
自己破産は多額の債務を財産没収することによる人生の再出発を目的とした法律であり、法律上では免責を受けることで、借金返済をゼロにすることが出来ます。

しかし、全てを失ってから裸一貫からの再スタートをしてしまうと翌日の食べるものや住む場所などを即入手することが難しいので、最低限の生活を守り再スタートを行う必要があります。

主に生活必要な衣類、寝具、家具、台所用品などが該当し、食糧、燃料などの生活を行う上で発生する金銭に関しても、標準的な世帯の2か月分の生活費が保護されることになります。また、テレビやエアコン、冷蔵庫などが複数ある場合には必要以上な物として没収される可能性があります。

当然ながら高価な腕時計や価値の高い貴金属類も差押え禁止財産には該当されません。自由に使える金銭としては99万円まで認められており、食費や光熱費、賃貸費なども含まれているので、この金銭を使って次の収入までの生活費とします。

自己破産後はクレジットカードや消費者金融への審査が厳しくなるので、申し込みを行ったとしても利用できない場合があり、以前の様なクレジットカード、消費者金融の利用を行わずに再スタートを行う事が望ましいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ