担保付き貸付金による融資の特徴と無担保のクレジットカード

担保付き貸付金は、融資を行う際に担保を設定することで融資を受けることです。担保には人的担保、物的担保の2種類があり、もし返済が滞ってしまった場合には設定している財産から返済の回収を行う事になります。

物的担保は、土地や建物などの不動産物から価値のある金属、宝石類などの動産物に分けられ、債務者の財産として返済の補填に利用されます。もし返済が滞ってしまった場合には、事前に設定していた財産の所有権が債務者から債権者へと移ることになり、財産を使って債務を完済をさせるのです。

複数の金融機関から融資を受けていた場合には、財産を均等に分けることが認められており、他の金融機関よりも優先的に債権を回収する場合には優先的に回収できる手段もあります。

人的担保の場合には、債務者とは別人の人間を担保にするものであり、連帯保証人などが該当します。債務者が債務不履行に陥った場合には代わりに連帯保証人が責任をもって返済を行わないといけないものであり、債権者側としても融資した金額の回収が行えるメリットがあります。

クレジットカードは消費者金融では無担保での融資を行っており、債務不履行に陥った場合には財産差押えなどで回収を試みることになります。ただし、担保付き貸付金とは異なり、金利が高めに設定されています。

これは債権回収困難時に共倒れを防ぐ役割があり、クレジットカード会社や消費者金融では融資に行った金額の早期回収が行えるメリットがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ