バランスの悪いクレジットカードの使い方を行った場合

クレジットカードを使う上で重要なものとして、バランスがあります。クレジットカードは信用取引と呼ばれるビジネススタイルであり、利用者の信用を前提に融資額が決定されるので、利用バランスが悪い場合には多重債務者になる恐れがあるのです。

所有するクレジットカードはなるべく少なめに持つことが良いとされており、信用がない人でも1枚に付き下限である10万円の与信枠が設定されます。つまり複数枚を所有することで与信枠のトータル金額が増えてしまい、返済できない金額の利用金額を持つことが可能になるからです。これにより利用バランスが崩壊してしまいます。

多重債務者の大きな特徴としては複数の金融機関からの借り入れであり、クレジットカード会社数社の他にも消費者金融から借り入れている場合もあります。これにより返済日が近づけば、違う会社からお金を借り入れることでそれを返済に充てるという自転車操業状態が簡単に生まれてしまうわけです。

これを事前に防ぐ為に法律で「融資規制」が取り決められ、金融機関が個人に融資を行う際には年間所得の3分の1以下までと決められています。これは金融機関の組織が異なっていたとしても融資枠に関する情報を共有することで取り決められ、多重債務状態を生み出さない為に施行されました。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は規制対象になりますが、ショッピング枠に関しては規制対象外になるので、利用者の使い方が問われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ