未成年者の契約の取消し権とクレジットカードの注意点

未成年の契約の取消し権とは、未成年には成年者と比較しても取引の知識や経験の不足から契約に関する判断能力が未熟だと考えられます。それにより、未成年が契約を行った際に不利益が発生する場合には、契約自体を取り消すことが可能になります。

条件としては未成年の定義である20歳未満である事と婚姻経験がないことが上げられ、契約当事者が未成年に該当することがこの法律が有効になるケースに該当します。婚姻を行った場合には20歳未満であったとしても成年者として判断が行われます。

また、法定代理人の同意も肝心な物であり、大抵の場合には親権を所有する親が該当します。親がいない場合には未成年後見人が該当し、法定代理人が同意していない契約に関しては無効化することが可能になります。

クレジットカードの契約にも該当するものであり、未成年者が法定代理人の同意を得ずにクレジットカードを申し込んだ場合には、クレジットカード会社が説明責任を果たしていたとしても無効化にすることが可能になります。

この為、クレジットカードの申し込み用紙には未成年者の場合には法定代理人の同意のサインが求められるものが多く、未成年者だけでは申し込むことが出来ない仕組みになります。

未成年に対するクレジットカード会社側から見たデメリットとしては、クレジットカードを利用した際に無効化が行われると、利用料金の返済義務がないことから、大きなリスクを負うことになります。この事態を避けるために法定代理人の同意がない場合には審査が通らないわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ