リボルバーと呼ばれるリボルビング払いを行う人の特徴

リボルバーとはリボルビングクレジットの利用者の事で、毎月の支払いをリボルビング払いにて行っています。それに対する一括払いを行う利用者の事をトランザクターといい、クレジットカード会社からしてみれば不安定な返済手段を使うリボルバーよりもすぐに返済を行ってくれるトランザクターの方が優良顧客として信用度が高くなります。

リボルビング払いはあらかじめ決められたミニマムペイメントと呼ばれる最低支払額を設定することで、月々の返済を一定額に抑えることが出来る特徴があります。言い換えれば、クレジットカードの利用金額の支払日が訪れた場合に、利用金額に関わらずあらかじめ決めていた最低支払額だけを支払うことになります。

つまり、利用金額よりも低い金額を返済する仕組みです。利用者側からしてみれば毎月の返済額が少額の一定になることから、経済的に不安定だったとしても返済できるプランです。

利用金額から最低支払額を引いた残りの残金に関しては翌月へと持ち越され、そこでも最低支払額の枠に収まらない場合にはさらに翌月へと持ち越させる仕組みです。
新たにクレジットカード決済を行った場合にも支払額には影響せず、返済期間が延長される仕組みになるので、いくら使ったとしても月々の支払額には影響しません。

この性質から多重債務を生み出しやすい事例もあり、毎月の支払額が変動しないことから金銭感覚がマヒししてしまいガンガン使ってしまう恐れがあります。その為、計画的に使う事が重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ