アナログによるクレジットカードの利用方法の変化

アナログとは情報を物理的に扱うもので、対義語としては電子的に情報を扱うデジタルがあります。クレジットカードでは決済手段に両方のシステムが取り入れられており、セキュリティ向上に利用されています。

クレジットカードの決済手段で情報のやり取りを行っている手段は、デジタル方式によるデータ通信が主流です。以前はアナログ的なやり取りを行っていたので、承認システムへの問い合わせに時間がかかってしまい、クレジットカードを使うメリットがありませんでした。

しかし現在ではそのような問題もデジタル方式により高速化が行われ、加盟店に設置されている情報端末にクレジットカードを通すことで即座に承認システムへの認証が行われ、決済へと手順を進めることが可能になります。

しかし、デジタル方式にはメリットだけが存在しているわけではなく、インターネット上でクレジットカードを利用する場合には必要な情報だけで決済が行えてしまうことから、コンピュータウイルスなどで情報が盗まれた場合に不正利用による被害に遭遇する可能性があります。デジタルの利便性とは裏腹に大きな弱点にも繋がっています。

このような事態を対処するために登場するものがアナログであり、クレジットカードの裏にはセキュリティコードと呼ばれる所有している本人なのかを確かめる番号が記載されており、原始的ながらもこの番号を入力することで所有者だと認証する仕組みになります。

また、セキュリティトークンの導入なども行われており、別のハードから発行される、その決済においてのみ有効な数字を数字を入力することで、身を守ることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ