差押え命令による財産の回収とクレジットカード

差し押さえ命令とは債権者が裁判所を通して債務を回収する最終手段であり、お金を貸した金融機関がこれを行う事で債務者が所有している価値のあるものが強制的に執行官によって差押さえられ、差押さえられた物品を売ることで債務を完済することになります。

クレジットカードや消費者金融などが行うケースがあり、特に返済を滞らせる劣悪債務者などに対して裁判所の許可の元で行われます。もし支払いが滞ってしまい、返済する意思がないと見なされれば裁判所から差押さえ通知が届き、価値のある貴金属などの所有物が強制的に回収されます。

しかし、差押さえられるものとしては生活必需品以外であり、回収されて生きていけなくなるものは法律上で守られているので、冷蔵庫や寝具などは回収されることがありません。このような事態を避けるために、クレジットカードや消費者金融などの信用取引で借り入れたお金の返済に関してはきちんと守るべきです。

うっかり支払いを忘れてしまった場合には金融機関から連絡が入るので、再度支払日を設定してもらい支払う義務があります。金融機関側も人間なので、うっかりしていたと判断してもらえます。しかし支払いの遅延が2度、3度発生する場合には意図的にやっていると判断され、ブラックリストに掲載されます。

支払いの遅延や滞納などで差押さえられた場合には金融事故として個人信用情報機関への登録が行われ、新たにクレジットカードや消費者金融に申し込む際には情報を共有していることから、審査が通らない場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ