担保余力による銀行の信頼と中小企業の資金調達

担保余力とは担保として残っている価値のことで、評価額と担保設定額の差額により生まれます。例えば不動産を例に説明すれば、評価額としては1000万円とされた場合に金融機関などが不動産を担保に800万円を有した場合に、差額として200万円が担保余力として生まれます。

この残りの200万円の価値を債務者はさらに担保として融資を受けることが可能になります。これにより本来の価値を引き出すことが可能であり、もし返済が滞ってしまった場合には差押えられる対象になります。

主に銀行からのフリーローンなどでは不動産担保により融資を行う事から、この手段が使われており、利用者側からしても本来の価値を把握しておく必要があります。融資を受ける際にはスムーズに受けることが可能であり、銀行側からしても魅力的な不動産物件なのです。

中小企業の資金調達法でも利用されており、ギリギリの状態で余力が見つかれば投資を行ってもらえることから資金操りを維持できることにも繋がるメリットがあります。その為、中小企業や個人の事業主などの資産として評価されるものであり、銀行に資産の全てを開示することになります。

さらに信頼も引き出すことに繋がるので、これによりスムーズな融資を受けることが可能です。また、銀行側からしても余力が出てくることに期待しており、資産が出てくることは返済能力がまだ存在することに繋がり、返済不能になった場合は同等の価値がある不動産を手に入れることが出来るので、どちらにしても魅力があるものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ