年会費の有無によるクレジットカードの違い

クレジットカードには年会費が発生するモデルと発生しない無料のモデルに分かれ、年会費の支払いによりサービス内容やサポート内容が大きく異なります。

無料カードはクレジットカードを利用する上で必要最低限の機能しか搭載されていないモデルで、ショッピング枠、キャッシング枠しか搭載されていないクレジットカード発行会社も多数存在しています。中には不正利用から守るためのショッピングカード補償や国内外旅行でのトラブルに備える旅行傷害保険なども搭載されている場合もあります。

年会費が必要なクレジットカードは機能の高さが特徴で、国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険、ショッピングカード補償で補償される金額の上限が多くなり、クレジットカード特有のサービスも受けることが可能です。

航空会社が発行元であればラウンジの利用や提携ホテル、ゴルフ場などの利用金額で特別優遇が行われる場合もあり、石油会社が発行元であれば、自動車トラブルに対応するロードサービスなどを提供してくれる場合もあります。

これらのサービスは年会費を支払う事で実現可能としており、ゴールド会員、プラチナ会員などランクの高いクレジットカードを利用する場合には更なるサービスの優遇が行われるのです。

このようなサービス内容の違いから、利用者によっては無料会員で十分な場合もありますし、よく利用する人の場合にはゴールド会員、プラチナ会員などの有料会員になることで機能をフルに使う事も可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ