ミップを使ったクレジットカード認証の仕組み

ミップとは加盟店に設置されているクレジットカードのオーソリゼーションを行うコンピュータの事です。オーソリゼーションはクレジットカードが店舗で利用された際に、クレジットカード発行会社のデータベースにアクセスして、利用できる状況なのかを確認する仕組みになります。

電気通信によって行われるので、即座に判定が下され、信用が出来るクレジットカードの場合には決済へと手順を進めることが可能です。しかし、紛失や盗難に遭遇したクレジットカードが不正利用が行われる場合には、オーソリゼーションで認証を行っている時点で使用できないものとして判断が下されるので、決済に進むことが出来ません。

これによりクレジットカードの不正利用を防ぐことが可能です。
もし、紛失、盗難に遭遇した場合には、顧客側は発行会社に連絡を行う事で「無効通知リスト」に登録をしてもらう手続きを行わないといけません。このリストに登録されることで、オーソリゼーションの際にはじかれる仕組みになります。

連絡を行わない場合にはリストに登録が行われないことからオーソリゼーションの時点で承認が行われ、本人ではない第三者が使ってしまう可能性もあります。紛失、盗難に気付いた際には連絡を行う事が重要です。

また、利用料金の不払いなどで利用停止されたクレジットカードも無効通知リストへの登録が行われ、解約後のものが使われたとしても加盟店側では使う事ができない状況になるので、信用が出来るのか判断を行うためにミップが使われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ