与信業務によるクレジットカードの審査判断

与信業務とは顧客に対して与信を供与する業務の事で、クレジットカードや消費者金融などで、申し込んできた顧客に対して信用できるのか評価を行う事を言います。

お金を貸すので顧客がきちんと返済してくれる人間なのか、どこの会社に勤めていて、どのくらいの給与が貰えているのか、不動産などの財産を所有しているのかで判断を行い評価を下すことになるのです。

評価内容には主に2種類の判断が行われ、クレジットカードや消費者金融を利用させていいのか、もし利用させるならどの位の金額を与信枠として設定を行うのかが決められます。

過去に他の金融機関で支払日が過ぎても返済を行わない顧客と判断した場合には、信用が出来ない人間と判断が行われ、申し込み自体が却下されることもあるのです。利用が認められたとしても与信枠の設定が行われ、過去の利用状況や就業先の規模、収入状況を踏まえて設定が行われます。

その為、大手企業に勤めている場合には高収入で安定も見込めることから与信枠が広めに設定されるのに対し、フリーターなどで収入が安定しない場合には返済が行われるのかどうかの評価が難しくなるので、与信枠が狭い状態で設定されるのです。過去の金融事故などは個人信用情報機関のデータベースに記録されており、金融機関であれば会社に関係なく確認を行う事が出来ます。

これにより、他社での利用状況を確認することが可能で、クレジットカードを複数枚所有している場合に他社のクレジットカードで金融事故を引き起こした場合には所有しているカードが利用停止になることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ