リボルビングを使ったクレジットカードの返済方法

リボルビングとは回転信用の事であり、クレジットカードや消費者金融の返済手段の一つとして利用されるものです。

特徴としてはミニマムペイメントと呼ばれる最低支払額を設定する事であり、顧客がとある返済日に経済的な理由から返済が苦しい場合に、インターネットなどでリボルビング払いを設定することで、その月の返済額を最低支払額にすることで軽減することが可能になるのです。

残金に関しては翌月へと移行するので、翌月の支払額が大きくなってしまう特徴もあります。リボルビングカードと呼ばれるクレジットカードを利用する場合には、毎月に適応が行われるので、毎月の支払額が一定になるメリットがあります。

一方で新しくクレジットカードで商品を購入したりすると、月々の支払額が一定のままですが、返済期間が延長されることでトータルの支払額自体は変わらないことになります。デメリットは支払額が一定になることで顧客がどのくらいの債務があるのかが把握しづらく、クレジットカードを利用したとしても月々の返済額が変化しない点です。

金銭感覚がマヒしてしまい次々と使い込んでしまう事例などもあります。これにより多重債務者を生み出す要因へと問題視されており、利用者はクレジットカードを計画的に利用し、債務の状況などを把握することが重要になるのです。

回転信用はこのように返済額の一部を翌月に回転させることで成り立つものであり、使い方によってはメリット、デメリットが生まれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ